MediaTek スマートフォン用 MiraVision

スモールスクリーンを見やすくする視認性向上テクノロジー

MiraVision テクノロジーとは?

MiraVision は視聴中のコンテンツや周囲の環境(日差しの強い屋外など)に合わせ、表示物の色や明るさ、コントラスト、鮮明の度合いやダイナミックレンジを含む様々な要素を的確に調整することでディスプレイの視認性を高める弊社独自の技術です。

卓越した技術をスマートフォンに

世界をけん引するデジタル/スマート TV 技術のプロバイダーとして、私たちはディスプレイやその他のメディア開発における専門技術をスマートフォンにも応用し、ハードウェアとソフトウェアの両方向からの最適化に成功しました。これにより視覚的品質が格段に高まり、ユーザーはスマートフォンの小さな画面を通して映画館並みのビジュアルエクスペリエンスを得ることができるのです。

省電力テクノロジー

多くの場合、ディスプレイの視認性を向上させる技術は画質の高さと引き換えに消費電力を犠牲にしています。これに対し、MiraVision ではチップセットを SoC 上に高集積化し、結果画質を美しく保つと同時に消費電力を低減させることに成功しています。

MiraVision 動画

AI-PQ

(画質)

MediaTek がスマート TV に搭載した業界初の AI-PQ テクノロジーを応用し、スマートフォン用 AI-PQ は視聴中の様々なシーンタイプ(人、食べ物、景色、建造物等)を分析することでディスプレイのパラメーターをリアルタイムで調整し、コンテンツに対して最適な画質を提供します。これまでの単一設定では視聴コンテンツの違いによって画質が損なわれることがありましたが、AI-PQ とインテリジェントプロセッシング技術を活用することで、常に「シーンを意識した」画質調整が可能となっています。



MiraVision による HDR10+ 動画再生品質の向上

MiraVision Video は HDR10+ 仕様に対応しており、視聴している内容に応じて表示パラメータをダイナミックに調整して映像を強化することで、HDR10+ 以上の品質を提供することができます。MiraVision は、各フレームをゾーン分けして、各セクションをリアルタイムで解析することで、より正確に定義されたカラーマップとコントラストマップを提供します。 各スマートフォンによって異なるディスプレイ性能であっても、この特徴的なリマッピング技術によって映像解析され、その解析に応じて個別に最適化された映像出力を実現します。

HDR コンポーザー(SDR から HDR に)

カメラデータまたはクラウドストリーミングからキャプチャしても、MiraVision ならより高いコントラスト精度で標準の SDR 動画を HDR 品質にアップコンバートすることができます。一般的なソリューションがフレーム全体に対する解析と調整を行うのに対して、MiraVision は各フレームをゾーン分けしてセクションごとにリアルタイムで解析を行い、より高い精度で定義されたカラー&コントラストマップを作成します。これにより息をのむほどの美しい画像が再現され、まるで映画館にいるかようなドキドキする映像を楽しむことができるのです。

MiraVision ディスプレイ

スマートスクリーンディスプレイ

スマートスクリーンは、消費電力を節約しながらディスプレイの見やすさを最適化します。 ハードウェア支援ソフトウェアを介して、最初に周囲の照明条件を感知し、それを画面に表示されているコンテンツと比較します。 次に、コンテキストアウェア機能により、明るい状況でも、電力効率を最適化にしながら、よりリアルで快適な視聴体験を提供します。

ブルーライトディフェンダー

ブルーライト・ディフェンダー(BluLight Defende)は、 メモリ・カラー・リカバリー技術により色の品質を維持しながら、ディスプレイのブルーライト・消費電力を削減するソリューションです。色の歪みを最小限に抑えながら、消費電力を削減することができます。サードパーティ製のアプリケーションとは異なり、このハードウェアベースの機能は、各ディスプレイの性能を認識することにより、視認性の悪い黄色や赤みを帯びることなく、快適な表示を実現します。

ウルトラ・ディミング

当社のウルトラ・ディミング技術は、リアルタイムでピクセルベースの処理を使用することにより、利用可能な最小のバックライトモードで物理的な制限を超え、薄暗い環境下で視認性の良いディスプレイ体験が可能になります。従来は超低照度の状況で使用されていましたが、当社の技術により、暗い環境下での表示の快適性を向上させます。

カメレオン ディスプレイ

当社のカメレオンディスプレイ技術は、周辺環境状況を観察し、その環境に応じてディスプレイを調整して、まるで印刷物のような見やすさを提供します。