ミリ波レーダー

障害物アラートを送信する高周波レーダーセンサーによって、自動運転をアシストします。

第六の感覚

自動車用ミリ波レーダーはドライバーを事故から守るためのアクティブセーフティシステムの一部です。物体を検知、追跡してドライバーに危険を知らせたり、必要に応じて自動回避の動作を起動させます。ミリ波レーダーは高い周波数帯域で動作することにより、現存するその他のレーダー技術にはない高い精度と、環境や気象に左右されない性能を実現します。

ミリ波レーダーの用途には以下のようなものがあります。

  • 車線変更アシスト
  • 死角検知
  • 駐車支援
  • 通過車両警告
  • 自動駐車
  • 車線逸脱警告
  • 定速走行
  • 車間距離制御
  • ブレーキアシスト
  • 衝突回避

メディアテックのミリ波が持つ優位性

メディアテックは、ミリ波テクノロジー開発の最前線に立ち、サイズ、性能、電力効率、コストの最適化を目指しています。高周波 RF とコネクティビティに関する当社のノウハウを活用し、階層ビームフォーミングを使った高速接続、つまり 5Gミリ波モバイルネットワークの開発において業界をリードしています。

超近距離ミリ波レーダーソリューション

メディアテックの超近距離レーダー( USRR )ソリューションは、超広視野であることを生かし、主に駐車支援を目的として設計されております。このミリ波レーダーソリューションは超音波ソリューションをはるかに凌ぐ分解能を提供いたします。ミリ波レーダーは超音波ソリューションに比べて車両当たりに必要なデバイスが少なくなるため、デザイン性に優れ、低価格なシステムを実現できます。

近距離および中距離のミリ波レーダーソリューション

メディアテックの近・中距離ミリ波レーダー(SMRR)ソリューションは、階層ビームフォーミングなどの画期的なテクノロジーによって、最先端のアクティブセーフティシステムで使用することができます。

階層ビームフォーミング

ネットワーク接続では、接続先を探すときに大量のビームを発信します。しかし、ただ単にビームを発信するだけでは、接続先を見つける速度は遅く、非効率で高コストになりかねません。階層ビームフォーミングは、接続先の探索に特化して個別のビームをグループ化します。これにより接続先の確定が平均で 68% 高速化されます。 VRや超高精細(UHD)コンテンツの利用頻度が高くなっていることを考えるとこの高速接続は非常に重要です。接続が確立したら、個別のビームによって個々のデータを効率的に伝送できるようになります。また、トラッキングに費やされるネットワーク容量が少なくなるため、インターネットや映画、ゲームなど、ユーザーが求めるコンテンツに割り当てられる帯域幅が広くなります。このような「Win-Win」のブレイクスルーにより、モバイルプロバイダーは市場での差別化を図れるだけでなく、ユーザーにより良いサービスを提供できるようになります。