NB-IoT: 狭帯域 IoT

NB-IoT は 3GPP 規格に準拠したセルラーベースのLPWAテクノロジーであり、’5G’ におけるコネクティビティのの一翼を担う可能性を秘めています。今後 10 年の間に、NB-IoT によって IoT デバイスは爆発的に成長するでしょう。

Nb  Io T  Circle Image

広範囲の接続性

メディアテックの NB-IoT プラットフォームは悪条件でも高い接続性を保つことが出来るため、様々な場所に NB-IoT デバイスを設置することが可能です。これは、特に遠隔地やアクセスの難しい場所にデバイスを設置する際に効果を発揮します。

設計の最適化

メディアテックの NB-IoT プラットフォームが持つ利点は、その簡潔性にあります。メモリ、信号処理、単一アンテナのモデムなどの効率の良い設計により、製品はコストパフォーマンスの高い、大規模展開に最適なものになります。また、超低消費電力という特徴は、バッテリーによる長期駆動というオプションももたらします。

メディアテックの ‘WorldMode’ モデム

メディアテックの NB-IoT モデム は‘WorldMode’です。当社のNB-IoTモデム は世界の全周波数帯域をサポートするため、世界中に出荷されるデバイスは、NB-IoT 対応のネットワークを有する全てのキャリアをサポートすることが可能です。この基本的かつ重要な特徴は、わずか 1つの製品開発で、コスト削減と開発期間の短縮を実現しつつ、世界中のあらゆる市場に対応することが可能になることを意味します。