Amazon AVS 用 MediaTek C4X 開発キット

ディスプレイを備えた Alexa 内蔵製品のための、MediaTek ファーフィールドアルゴリズムを適用

Amazon AVS 向けに開発された MediaTek C4X 開発キットは、新製品への Amazon AVS 統合を検討するデバイスメーカーにとって費用対効果の極めて高いツールとなります。メーカーは開発工数を削減して市場投入までの時間を短縮することで、製品差別化に集中できるようになります。 また、この開発キットは MediaTek C4X ファミリーの SoC に基づいて構成されています。

このオーディオ AP プラットフォームは効率性が極めて高く、様々な周辺機器に対応し、Amazon Alexa 内蔵デバイス用に設計されています。これらのデバイスには、スマートスピーカー、テレビ向け音声認識のドングルやモジュール、また音声認識を主なインターフェースとするその他のホーム用スマートデバイス(ディスプレイの有無にかかわらず)が含まれます。また、このデバイスはバッテリー式(Li-Ion)または充電式のどちらの設計にも対応可能です。

C4X Development Kit は堅牢で、高度なカスタマイズが可能なプラットフォームです。MediaTek ファーフィールドアルゴリズムと Amazon AVS またはサードパーティーのウェイクワードエンジン(WWE)を含み、Alexa Multi-Room Music(MRM)とディスプレイを備えた Alexa 内蔵デバイス用に開発された最新の Alexa Smart Screen SDK をサポートしています。

MediaTek C4P SoC

MediaTek C4X ファミリーには、音声アシスタント機能を搭載したスマートホームアプリケーション向けに設計された、高度に統合された高集積、高効率、かつ費用対効果が高い SoC です。C4X ファミリーの C4P SoC は、デュアルコア Arm Cortex-A7(最大 1GHz)、Arm Cortex-M4F、Arm Mali-T720 グラフィックエンジン、および特定の H.264(ISO/IEC 14496-10)マルチメディアデコーダーと専用の暗号化エンジンなど多様に組み合わせています。また、TTL/LVDS/MIPI/i80 ディスプレイ出力、ステレオオーディオラインアウト、マルチチャネルアナログ/デジタルマイク入力、デュアルステレオ I2S トランシーバーなど、さまざまなビデオおよびオーディオインターフェイスにも対応。更に、256MB の MediaTek C4X 開発キットなら 128MB SPI-NAND ストレージが利用可能で、最大 512MB のメモリをサポートします。

ハードウェアパートナー

C4X 開発キットのご購入は Dexatek からお問い合わせください。

Dexatek

Specifications

VAD Features

Voice Assistant Services:
Amazon AVS
MediaTek Far Field Algorithm:
Yes
Multi-Modal SDK:
Yes
Multi-Room Audio:
Yes
Interfaces:
DMIC,  MIPI LCM,  Stereo Line Out
Additional Features:
Dev Kit: 5-inch LCD via MIPI LCM, 128MB Flash, 256MB Memory

Compute

CPU Type 1:
Arm Cortex-A7 (dual core) @ 1GHz
CPU Type 2:
Arm Cortex-M4F (single core) @ 450MHz
CPU Bit:
32-bit
GPU:
Arm Mali-T720

Connectivity

Connectivity:
USB 2.0,  Wi-Fi
Wi-Fi:
Wi-Fi 4 (b/g/n)